テレビにも引っ張りだこ!弁護士の人気

弁護士といえば、実に社会的責任の大きな仕事といえるのではないでしょうか。私たちの毎日の生活のためにはなくてはならない存在といっても言い過ぎではありません。日本社会は、法治国家としての歩みを進めてきました。大阪で少年事件を相談しようとさまざまな法律や規則、条例などを作成して安定的な秩序を守ってきたといっても大げさではないでしょう。その最前線で活躍するのが弁護士です。
時代の変化に伴い、弁護士の果たすべき役割も大きく変わってきました。ただ単に「法の番人」として依頼者や利用者の声に耳をかたむければ良いという時代は終わりました。もはや弁護士もビジネスライクな取り組みが必要になったのです。いわゆるタレント弁護士などという言葉も流行るなど、テレビやネット上などへの露出も増えています。ただでさえ、頭脳明晰な弁護士は情報番組や報道番組などのコメンテーターや解説者として呼ばれるケースも多くなっているようです。
弁護士から政治の世界へと転身を図るケースも少なくありません。現に現役の国会議員の多くに、弁護士としての経験を持つという人が見られます。ここでも弁護士の実務経験がプラスに作用することがわかります。困った人の正義の味方として働き続けます。