検察と戦うイメージが強い弁護士

弁護士のイメージは、検察と戦う職業という感じがします。検察が起訴をした人と、その人を弁護する人、この構図が出来上がっているために、弁護士はいかにして、被告人を保護するために、あらゆる術を尽くすのです。そして弁護士というのは、元検察だったりすることが多く、法律のプロであり、被告人を無罪とするために、あるいは刑をできるだけ少なくするために、いろいろ細かい部分を徹底的に練り、少しでも裁判官を納得させるように、あるいは時には情に訴えるような部分もあります。弁護士にとっては、それが仕事なので、被告人が犯罪を犯しているのかどうかというよりも、被告人の要望にいかに応えるのか、それを第一にしている部分があるように思います。テレビドラマの影響を受けている部分がありますが、明らかに有罪と思えるような事件も、敏腕弁護士が付くと、それが無罪となってしまう、そんなことも起こることがあり、言い方や持っていき方で、どうにでもなってしまうような事件が多く、弁護士というのは、そうしたスキルを持っている人たち、あるいは駆け引きが上手く、数多くの戦術を持っている人たちであり、裁判のプロというイメージです。弁護士というのは、実にクールな気がします。