無料相談にての体験談

私は過去ですがパソコンの修理に使用する部品などを扱っている会社を運営していたことがありましてその際、子供の法律問題を任せられる大阪の弁護士なら未払いの購入代金の請求の件で相手の側に支払う意思があるのかどうかで相談をさせてもらったことがあります。これは弁護士の事務所に行きお話をする際に相手側に支払い請求をすることができるかどうかというお話で、相手の会社の素行ですとか評判を判断し、そこから裁判をするかどうかというお話をしました。そのうえで相手の企業に電話をして支払いをしてもらえない場合、裁判という方向になり、向こうが折れたので支払いをしてもらえたというお話です。向こうが折れなければ裁判という形になり法廷で争うことになる予定でしたが向こうが折れましたので裁判にはならなかったというお話です。あくまでも相談でしたので無料となりましたが、裁判となると優良になり、そこで法廷で問題が認められないとなると裁判費用はこちら持ちになるらしいですがまず、支払い関係に関してはこちらに全く非がないうえ、向こう側にかなり不利になるため、支払いを済ませて問題を解決するとのことです。無料相談をすることで問題を解決することができることが多く弁護士のイメージとしては支払いの請求をした相手が支払わない場合、料金を取り立ててくれるような印象も弁護士の仕事としてあるように感じました。