私が持つ弁護士に対するイメージとは

私は、よく頻繁に前の職業で弁護士の先生方とお会いする機会がよくありました。大阪で少年事件を理由としましては、弁護士の先生をよく拘禁施設でありますので、呼ばれる方が居られたと言うことでした。弁護士の方が到着する度に、正門を解錠したり、更に奥の事務所に早急に電話して弁護士の先生方をお連れするような場面が多数ありました。その中で、私が、弁護士の先生方について抱いたイメージとしましては、やはりどんな方であっても、社会的に批判を受けるような方々に対してもどんな方々においても弁護をしなければならないと言う内容で、仕事として受けなければならない内容であることに非常に尊敬する形でありました。弁護士で実績を伸ばして行くとなりましたら、やはり、どこかの法律事務所に所属するか、自身で開拓して行くような形になると思うのですが、どちらにしましても、仕事の依頼がこなければ、非常に辛い形になると思いました。その中でも、行列のできる法律相談所に出られているような弁護士の先生方につきましては、非常に説得力があるですとか、依頼が多数ある実績の高い弁護士の先生方になるような形で、メディアに出られる弁護士の方々は相当な腕前があると思いました。やはり法律の知識が全て頭に入っていないとならない状態ですので、規則にない判例を独自の見解でどのように勝利に持って行くかと言う内容も弁護士の先生方の手腕になってくる部分であると思います。