一昔前よりも身近な存在になってきた

私は今まで弁護士に相談したことはないのですが、印象としては一昔前よりも身近な存在になってきていると思います。私がそう思うようになった理由は、過払い金問題でテレビやラジオのCMや折り込みチラシなどで弁護士事務所の名前を聞いたり、目にすることが多くなったからかもしれません。私も数年前に過払い金の対象になるかどうか、最寄りの消費者センターへ相談に行ったことがありました。その時に、もし過払い金の対象であれば、無料弁護士相談を受けようかと思っていました。しかし、消費者センターの職員の方の話では、おそらく対象にはならないとのことでした。私もショッピングやキャッシングの時は金利を考えて借りていたので、たぶん対象にならないかもしれないと思いましたが、念のために確認してみました。なので、対象にならなかったのはやはりという感じでした。最初から弁護士に相談するという選択もあったのですが、相談料などの費用が発生するかもしれないという不安がありました。そのため、行政に相談したほうが無料で相談できると思いました。弁護士の仕事は多岐に渡ります。弁護士ドラマは何度か見ていますが、現実ではもっと地道な活動をしている印象があります。いずれにしても精神的に大変な仕事だと思います。