弁護士が断るケースとは何か

弁護士はいかなる法律問題にも対応できて、業務範囲外依頼は断ったりすることがあります。登記申請の相談は専門は司法書士で、相続税相談は税理士の出番となります。弁護士の資格は司法書士、税理士など資格兼ねていて、弁護士登録だけで税理士業務ができ、本来の職務付随してれば司法書士業務ができるのです。そして、それらすべてに対応する弁護士はまれであり、弁護士も業務範囲外としてる分や、極端な話得意分野でない業務は断ったりします。別の案件で一緒に仕事した知り合いの司法書士など紹介してもらえることもあって、弁護士依頼断られても解決に前進はできます。そして、一人でも多くの弁護士に相談してより多くの意見聞いてみることも大事です。私たちがそれぞれ他人と異なる考えもってるよう弁護士もそれぞれ異なる考えたあり、その前提に法律あってこその弁護士ですが、法律も解釈次第でいろいろとらえ方があります。すべての法律階約1つしかないと、争い生まれなくて弁護士も裁判所出番なくなります。同じ内容でも弁護士により別のとらえ方が導かれてそれら最終的に裁判になって結論出されます。そして、こうしたことで断られてしまわないか心配ならはじめ相談した弁護士に断られてもあきらめないで何人かの弁護士に相談してみましょう。