無料相談にての体験談

私は過去ですがパソコンの修理に使用する部品などを扱っている会社を運営していたことがありましてその際、子供の法律問題を任せられる大阪の弁護士なら未払いの購入代金の請求の件で相手の側に支払う意思があるのかどうかで相談をさせてもらったことがあります。これは弁護士の事務所に行きお話をする際に相手側に支払い請求をすることができるかどうかというお話で、相手の会社の素行ですとか評判を判断し、そこから裁判をするかどうかというお話をしました。そのうえで相手の企業に電話をして支払いをしてもらえない場合、裁判という方向になり、向こうが折れたので支払いをしてもらえたというお話です。向こうが折れなければ裁判という形になり法廷で争うことになる予定でしたが向こうが折れましたので裁判にはならなかったというお話です。あくまでも相談でしたので無料となりましたが、裁判となると優良になり、そこで法廷で問題が認められないとなると裁判費用はこちら持ちになるらしいですがまず、支払い関係に関してはこちらに全く非がないうえ、向こう側にかなり不利になるため、支払いを済ませて問題を解決するとのことです。無料相談をすることで問題を解決することができることが多く弁護士のイメージとしては支払いの請求をした相手が支払わない場合、料金を取り立ててくれるような印象も弁護士の仕事としてあるように感じました。

弁護士と自宅で相談した時の感想

私は弁護士についてあまり詳しい人間ではなかったです。しかし事故の影響で相手と揉めたので弁護士を利用しました。家族が弁護士を知っていたので協力してもらったのです。
法律問題を口コミで肥後橋ですぐ相談するならそして私はどういう相手が弁護士として成立しているのかを考えました。こういう仕事は依頼人を守るというイメージがありました。映画で見た弁護士のイメージが定着している感じでした。
私は資料もなく弁護士と相談をしました。しかし相手は凄く丁寧で頭が良いと思いました。用意も良かったので知識がなくても大丈夫でした。例えば相手の情報は無理に追求しないところがありました。
私は事故のお金の処理でトラブルになって困っていました。相手も言い訳をしていたので時間が必要でした。それで弁護士が良い情報を持ってきてくれました。
その後は長く話をして解決策を考えていきました。弁護士はスムーズに対応してくれたので驚きました。良かった点は弁護士が味方になっているという実感でした。トラブルの解決には弁護士を使うべきだと思いました。
弁護士は法律やルールを守るので信頼できると感じます。イメージがあっても実際には優しい感覚でした。しかし問題の解決には優れた提案をしてくれます。弁護士は信頼できるので利用することが重要です。

私が持つ弁護士に対するイメージとは

私は、よく頻繁に前の職業で弁護士の先生方とお会いする機会がよくありました。大阪で少年事件を理由としましては、弁護士の先生をよく拘禁施設でありますので、呼ばれる方が居られたと言うことでした。弁護士の方が到着する度に、正門を解錠したり、更に奥の事務所に早急に電話して弁護士の先生方をお連れするような場面が多数ありました。その中で、私が、弁護士の先生方について抱いたイメージとしましては、やはりどんな方であっても、社会的に批判を受けるような方々に対してもどんな方々においても弁護をしなければならないと言う内容で、仕事として受けなければならない内容であることに非常に尊敬する形でありました。弁護士で実績を伸ばして行くとなりましたら、やはり、どこかの法律事務所に所属するか、自身で開拓して行くような形になると思うのですが、どちらにしましても、仕事の依頼がこなければ、非常に辛い形になると思いました。その中でも、行列のできる法律相談所に出られているような弁護士の先生方につきましては、非常に説得力があるですとか、依頼が多数ある実績の高い弁護士の先生方になるような形で、メディアに出られる弁護士の方々は相当な腕前があると思いました。やはり法律の知識が全て頭に入っていないとならない状態ですので、規則にない判例を独自の見解でどのように勝利に持って行くかと言う内容も弁護士の先生方の手腕になってくる部分であると思います。

弁護士さん相手に悩みを打ち明けて後悔

勤務先での対応に納得がいかず、どうしたもんかと悩んでいたところ、知人に法テラスを教えてもらいました。いきなり弁護士事務所へ連絡するのは怖気づいてしまうものの、大阪で評判の弁護士阪倉篤史氏なら電話で話せるならと連絡してみました。そこで、対応してくれた女性弁護士の方は、どことなくせっかちな話し方をする人でした。勤務先の雰囲気から理解してもらった方が私のいたたまれない気持ちに寄り添ってくれるんじゃないかと思ったのですが、そうではなかったようです。ひと通り話してから、「さて本題へ」と思っていたタイミングで、「いったい、何にお困りなんでしょうか」と。もちろん、私の話し方が整理されていなかったことは認めます。弁護士さんにしてみれば、埒が明かない話し方だったのでしょう。でも、一生懸命に自らの窮地を語る私に、「で?」と言わんばかりのお言葉。一気に泣きたくなりました。弁護士さんは、どんな立場の人に対しても真摯に話を聞いてくれるという小説から抱いたイメージを持っていましたが、そうではなかったようです。また、法テラスという無料相談を利用したことも親身になれない要因だったのかもしれません。弁護士さんは聖人君子ではなく、親身になって欲しかったらきちんと料金を支払って雇うべきなんだと悟りました。

弁護士の専門性や得意分野をよく見極める

弁護士には、専門的な仕事を依頼する事はできます。ただ弁護士は、専門性をよく確認しておく方が良いですね。実績があるかどうかは、とても大切だと考えます。現に私は弁護士に依頼しましたが、最近それをよく実感しています。大阪で評判の弁護士阪倉篤史氏なら安心して近頃私の親戚が痴呆症に近い状態になったので、弁護士に成年後見人になってもらう事になりました。ですが、最近気になる問題が浮上しているのです。弁護士が、スムーズに書類のやり取りを行ってくれない事がありました。この間も物忘れ外来のクリニックに行きましたが、本来は弁護士から書類が発行されている筈でした。しかし実際に病院に問い合わせしてみたら、弁護士は肝心の書類を発行していなかったのです。発行されていないのも当然で、弁護士は医療関連の書類の専門家ではありません。あまり身上監護には慣れていない事もあり、書類の手続きが遅れたのでしょう。弁護士は金銭管理は得意ですが、身上監護が得意とは限らないので、注意を要するでしょう。ただ、そのあたりは弁護士の経験に左右されるとも考えます。経験豊富な弁護士であれば、臨機応変に対応してくれる可能性もあります。実際弁護士に依頼してみれば、問題点がスムーズに解決したという話もよくあります。それも専門知識に左右されるので、やはり依頼する弁護士の専門性をよく確認しておく方が良いと思っています。

弁護士法人とはどのような組織でしょうか

弁護士というと個人で事務所を構えて、アシスタントや事務員の人と一緒に仕事をしているイメージがあるものです。そんな子供の法律問題を任せられる大阪の弁護士ならもちろんそういう形で仕事をしている弁護士さんもいます。しかし今は、弁護士法人というものもあります。これはどのようなものかというと、弁護士を社員とした法人組織のことで、2002年に法律で定められました。通常の個人事務所は1つしか事務所を持てませんが、弁護士事務所の場合は、支店を持つことができます。そのため、地方にも拠点を設けることが可能です。また弁護士法人の場合は、様々な年齢や経験の人々が集まっていることが多く、それぞれの得意分野を活かして仕事ができますし、弁護士の人数が多いので、大きな案件を引き受けることもできます。また年齢層が様々ということは、誰かが辞めてもその後を継ぐ弁護士がいるということで、継続性という意味でも法人は有利です。それから普通の事務所の場合の弁護士は事業主なので、厚生年金や健康保険に加入できないけれど、法人だと社員なので加入できるなどのメリットがあります。一方デメリットとしては、弁護士会の費用が個人の弁護士と、法人の弁護士とで二重負担になってしまう点があげられます。ただし今のところ、メリットの方が多いようです。

高圧的な態度をされました

弁護士の先生に消費者契約に関してトラブルがあったので相談しに行きましたが、大阪で交通事故の相談を難しいと言われて半ば門前払い状態でした。弁護士の先生ならば、何か他に良い案があれば教えてもらいたかったですがうちの事務所ではできないと言われ、最後には半ば切れ気味でした。口調も高圧的でいかにもお高くとまっているなと感じがしました。弁護士と言えども接客業だと思っていますので、もう少し言い方や接し方など考えてもらたかったです。弁護士事務所に行くのは何だか敷居が高いと感じてはいたので何とか勇気を出して弁護士事務所に行きましたが、まさか門前払いされるとは思ってもみませんでした。それからは、弁護士には良いイメージがありません。法律上できないならばできないで仕方がありませんが、せっかく訪問したお客を門前払いするなどありえません。たまたまそこの弁護士事務所が酷すぎただけかもしれませんが、それでも弁護士は庶民の味方であって欲しいです。これからもし弁護士事務所を利用することになった場合には、一度口コミ情報サイトを使って親切な所かどうかをしっかりとリサーチしてから行こうと思っています。弁護士事務所も色々な弁護士の先生がいますので、親切に対応してくれる所を利用していきたいです。