人生の恩人弁護士さん

私は、社会から一度外れた道を犯してしまいました。いわゆる、犯罪を犯してしまったのです。それは、まだ私が20代前半の頃の出来事でした。母子家庭の複雑な法律問題を大阪で口コミすると最初は、軽い気持ちで行なっていたのですが、いわゆる、薬物に手を出してしまい、人生を棒に振るところでした。私が薬物と出会ったきっかけは、ある先輩達と飲んでいるときでした。先輩から疲れが取れるいい薬が有ると聞きそれを軽い気持ちでなにも調べずに使用してしまいました。後に、それが禁止薬物だと知るのですが、当時若いせいもあってなんにも考えることなく服用したことは私の中で一番の後悔です。そんなこんなで警察に捕まってしまい、とある弁護士を紹介されました。その弁護士は年齢60代くらいの怖い顔した弁護士でした。私は、父親を小さな頃になくしているため、私を本気で叱ってくれる大人が周りにはなかなかいませんでした。その弁護士に会った当日に私はその弁護士から1時間くらい説教されました。でも最後にはまだまだ若いからこれから人生いくらでもやり直すことができる。私はそんな君を応援したいと言われ気がつくと涙が出ていました。裁判も無事に終わり、その弁護士は、私が社会復帰するまでサポートをしてくれました。私の中ではその弁護士が間違えなく親父です。

離婚時の様々な手続きを弁護士に助けてもらった友人

私の友人は今、シングルマザーとして頑張っています。彼女の話によると、あんな法律問題を大阪で相談できる彼女が結婚していた時に旦那さんがある女性と浮気をしてしまったそうです。それが発覚して、彼女は旦那さんのことを許すことが出来なくて、離婚することになりました。でも浮気が原因ですから、彼女は旦那さんとその浮気相手の両方から慰謝料を取りたいと考えたようです。そしてある弁護士さんに相談しに行ったところ、丁寧に話を聞いてくれたそうです。ですから彼女はその弁護士さんに離婚の手続き、そして旦那さんと浮気相手の両方から慰謝料を取る手続きをしてもらうようにお願いしました。そして無事にそのすべての手続きが終わって、彼女は離婚して、その後、毎月、元旦那さんからの慰謝料と、浮気相手の女性からも慰謝料を振り込んでもらっているそうです。シングルマザーの彼女にとって、その二人からの毎月の慰謝料の振り込みは、本当に助かっているようで、子育てもしやすいと言っています。そして彼女はその手続きを滞りなく進めてくれた、弁護士さんにはとても感謝しています。もちろん、相談をしに行ったり、離婚と慰謝料の手続きをしてもらうためには、高額な料金を支払わないといけなかったみたいですが、その弁護士さんに手続きをお願いして本当に良かったと言っています。私自身は弁護士さんを利用したことはないのですが、彼女の話を聞いてみると弁護士さんは頼りになりそうですので、何かトラブルがあった時には相談してみたいと思っています。

弁護士はコミュニケーション能力が求められる

弁護士の場合は、なんとなくクールなイメージがあるのですが、やっぱり仕事をするときにはそんなことはないと思いました。子供の法律問題を大阪で任せられる弁護士ならそれは弁護士というのは、お客さんを相手として仕事をすることになるからです。自分で仕事を選ぶこともあるかもしれませんが、相談にきた人とうまく仕事の調整をすることになります。
その相談者というのは、だいたい大きな悩みを抱えて来ることになります。、精神状態としては、あまり良い状態ではないのです。その良い状態ではない人と話をするときに、ちょっとした言葉について注意をすることが大切です。それはなんといっても、メンタル面で辛い思いをした人たちが相談者のため、かなり精神的にナーバスになり、敏感に反応してしまうことがあるらです。その時、コミュニケーション能力が求められることになるんですね。
人のことが嫌いと思うこともあったり、人と話をすることをしたくないと思うこともあると思うのです。しかしそんな時も、仕事として相手の精神的なものを傷つけることなく、上手に対話をすることが求められています。
泣いたりすることもあるだろうし、そのことについてうまくやりきるという能力も必要なんですね。知的な反面、人を暖かく見守ることも求められるます。