弁護士に対するイメージはどのようなものがあるか

弁護士に対するイメージはエリートで成功者というイメージが強くあります。
大阪で少年事件を相談しようと確かに弁護士になるためには司法試験に合格しないといけないのでなるのは難しいです。
ですが、弁護士のイメージ自体は昔と比べてかなり変わったという印象を受けます。
なぜなら、昔とは違って弁護士はかなり身近になってきたからです。
特に私が弁護士に対するイメージが大きく変わったのは弁護士が意外と裁判以外の事に力を入れている事を知った時でした。
最近はコマーシャルで弁護士を見る機会も多くなりました。
それで弁護士は法の正義を守るために働いているというイメージが大きく変わってしまいました。
結局弁護士も自身の利益のためになりふりかまわず仕事を探しているような人だと思うようになりました。確かに弁護士もこれで食べていかないといけないのでお金を稼ぐためにそういう事をやるのは仕方ないとは思います。
ですが、苦労して弁護士になってやることが裁判でなくが借金の過払い請求というのはなんだか
虚しい気がしました。そういう現実がある事を知って私は弁護士に対するイメージが大きく変わって
以前とは違った見方をするようになりました。
それで最近は弁護士も普通の人なんだという風に思うようになりました。